マルチスペース・エフは演劇、ライブ、リハーサル、撮影、オーディション、講演会、会議など多目的に使えるレンタルスペース。

ご利用料金も格安・低価格。 札幌市地下鉄南北線 中島公園駅1番出口から徒歩2分。

| トップページ | 公演・イベントスケジュール | フォトギャラリー | ご利用案内 | 用途別使用例 | 注意事項 | 運営会社 |

マルチスペース・エフ 札幌市中央区南9条西3丁目1-6彩木ビル4F Phone 090-8630-0114

新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン 利用者様(公演等主催の方)へ

「ガイドライン 来場者様(観客としてお越しの方)へ」はこちらです。

■当ビル内、ホール内では必ずマスクを着用してください(上演中の出演者を除く)。また、咳エチケットの実践をお願いします。

■ご来場前に検温し、体調に異常のないことを確認しお越しください。

■下記に該当する方の来場は固くお断りします。

■ご利用期間中および、ご利用後2週間以内に感染が疑われる症状が出た場合、すみやかにかかりつけ医等あらかじめ特定しておいた医療機関または保健所等へ電話連絡し、指示を受けてください。当ホール担当者へも必ず電話にてお知らせ願います。

■ご利用期間2週間前からと2週間後までは特に感染予防徹底をお願いします。

■4Fホールは吸排気装置による換気を原則として常時お願いします。(冬期間は十分暖房した上で室温の維持が出来る範囲で実施お願いします。ただし、少なくとも1時間に1回5分以上、また観客のある公演の場合、開場直前5分間以上の吸排気装置作動をお願いします。)

■6Fスタンバイルームは、入室利用者は選定の上2名までに限定し会話はお控え願います。物品の保管人数に限定はいたしません。

■撤収・片付けでは、パイプイス、机はたたんで片付けず、ホール内に置いておいてください。(撤収に支障がある場合を除く)

■4Fホールは、撤収・片付け開始時からは必ず吸排気装置を作動させ、ドアは開放しておいてください。退室の際もそのままにしておいてください。

■6Fスタンバイルームは、定期的にドアを開放し換気し、特に撤収・片付け開始時からは開放しておいてください。

【観客ありでご利用の場合】

■来場者には入場受付にて、検温、手指の消毒実施をお願いいたします。検温の結果37.5度以上の方は入場をお断り願います。(検温機器・消毒液のご準備をお願いします。)

■来場者に対し、感染防止対応策として、来場前の検温の要請とともに、来場・入場を控えてもらうケースを事前に十分周知し、有症状者の入場を確実に防止できるよう、チケット発売時に先駆けて振替・払戻等の対応方法をHP等にて周知願います。

■来場者には大声での歓声・声援を控えるよう周知願います。大声を出す方がいた場合、個別に注意等をお願いします。

■来場者と接触するような演出(声援を惹起する、来場者をステージに上げる、ハイタッチをする等)は禁止します。

■上演前後、場内での来場者との面会はお控えください。

■パンフレット・チラシ・アンケート等は極力手渡しによる配布は避けてください。

■来場者の入退場時、間隔1m以上確保できるような誘導方法を実施願います。

■客席の間隔は1席以上お空けください。

■観客から出演者までの間隔は2m以上となるよう設定お願いします。

■公演の開場前にホール内のパイプイス、机、ドアノブなど不特定多数が触れやすい場所、機材・小道具等、また舞台面の消毒をお願いします。消毒用アルコールのご準備をお願いいたします。

■こまめな手洗い、手指の消毒をお願いします。会場入口に、手指消毒用の消毒液を極力設置するようお願いします。6Fトイレ内洗面台にハンドソープを、トイレ前に消毒用アルコールを置いてあります。

■『利用者・スタッフ名簿』をご利用2週間前に当社ホール担当者にご提出願います。追加変更があった場合は都度、更新版をご提出願います。[記載項目:氏名、住所、連絡先電話番号、勤務先(アルバイト等も含む)の名称・電話番号] 感染が疑われる方が発生した場合、保健所等の公的機関へ提出する場合があります。ご利用期間後1ヶ月後までに公的機関へ提出の必要がない場合はすみやかに漏洩がないよう処分いたします。

■可能な範囲で来場者の氏名及び緊急連絡先を把握し、『観客・来場者名簿』を作成し保存をお願いします。(保存期間は当面1か月以上)。なお、個人情報保護の観点から、名簿等の保管には十分な対策を講じてください。来場者に対して、こうした情報が来場者から感染者が発生した場合など必要に応じて保健所等の公的機関へ提供され得ることを事前に周知願います。

■北海道コロナ通知システムQRコードを掲示しておりますのでご活用ください。

【ホール担当者(当社)実施事項】

■当ビル内、ホール内では必ずマスクを着用し対応します。また、咳エチケットの実践をおこないます。

■こまめな手洗い、手指の消毒を行います。

■下記に該当する担当者は、自宅待機とし、他の者が対応します。

■ご利用開始前に、自動ドア、手すり、エレベーター、トイレなどの不特定多数が触れる場所の消毒を行います。(公演がある場合は各公演開場前にも実施します。)

■ご利用開始前に、ご利用機材の消毒を行います。

■6Fスタンバイルームはご利用前に室内を消毒します。

■ホール入り口、トイレ前に消毒液を設置します。

■ご利用開始5分以上前に4Fホール吸排気装置を作動させます。

【相談センター電話番号 ご紹介】

●救急安心センターさっぽろ 011-272-7119(#7119)

●北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター 0800-222-0018(フリーコール) 24時間開設

●札幌市保健所(新型コロナウイルス一般相談窓口) 011-632-4567 開設時間9:00〜21:00(土日祝も含む)

●厚生労働省が開設した電話相談窓口 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル) 受付時間 9:00〜21:00(土日・祝日も実施) 等

※「新型コロナウイルス感染症」に関する各相談窓口は下記北海道HPに掲載されています。

URL→http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ssa/koronasoudantoiawase.htm


※本ガイドラインは
「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン 令和2年12月2日 緊急事態舞台芸術ネットワーク」
「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン改定版 令和2年9月18日 公益社団法人全国公立文化施設協会」
他、を参照し作成しました。

※本ガイドラインは、随時修正したり、感染状況、行政の方針などに応じ内容を変更する場合があります。